FP1級を受験した40代の冴えないオッサンの日記

FP1級を受験した40代の冴えないサラリーマンのおっさんの日記です。

相続・事業承継の勉強方法

佐賀牛です。

 

 今日は久々の平日の休み。日曜日に野暮用で出勤したので、その代わりの代休。思えば気楽な仕事をしているように思う。おっさんの仕事は一応、支店長なので特段やることはない。恐らく、おっさんが相手されてないのもあるが、社員が非常に優秀な人が揃っているので、毎日の朝礼で一日の支店の方向性だけ示せば、それで、おっさんの仕事は8割方は終了となる(笑) その後のおっさんの仕事は印鑑押しと、つまらないZOOMでの会議などである。毎日毎日、社員にはありがたいと思いながら仕事してます(-_-;)

 

 さて、本題、本日は相続・事業承継について。

相続・事業承継でのポイントは

1,贈与税の非課税制度(配偶者、住宅、教育資金、結婚子育)

2,小規模宅地の特例3つ

3,取引相場のない株式の評価

4,相続税の総額の計算

5,宅地の財産評価の計算

あたりだと思う。結局、おっさんは相続・事業承継の部分は午後の応用問題は完璧にしていたが、午前の基礎では苦手のまま本番に突入していたように思う。

 相続・事業承継に限らず、応用はとにかくノートに書いて書いて書きまくって、その問題を暗記するくらい解かないと身につかないと思う。基礎は定番の問題をきっちりと落とさず解けるようになる。これだけで良いと思う。

 

次回へ続く。