FP1級を受験した40代の冴えないオッサンの日記

FP1級を受験した40代の冴えないサラリーマンのおっさんの日記です。

不動産の勉強方法

佐賀牛です。

 

 おはようございます。朝夕、すっかり涼しくなりました。先日、斎藤孝先生の「人生は2周目からがおもしろい」という本を読んだ。おっさんも、ちょうど2周目に入った位かな~と思いながら読み進めた。

 この本で、おっさんが印象に残った事は

1,頑張り過ぎない。

2,無駄を省く。

3,中年はエネルギーが余っているので身体を動かす。

4,「小人は閑居して不善をなす」とならぬよう気を付ける。

5,自己受容、他者信頼、他者貢献が大事。

くらいかな。

 まあ、肩の力を抜いて今、出来ることを一生懸命にやることが大事であるようだ。

 興味のある方は読んでみてください。オッサンと同世代の方は、きっと「気づき」があると思います。一応、下に貼っときます。

 

 さて本題。不動産の勉強方法であるが、おっさんが思うポイントは、

1,譲渡所得の特例(特別控除の特例、軽減税率、買換え特例)

2,高さ制限

3,借地借家法

 あたりだと思う。勿論、他にも色々と重要な学習項目はあるが、おっさんが最後まで苦戦したのは上記の3つだ。特に譲渡所得の特例は、午後の応用問題の超重要箇所である。譲渡しているのか、取得しているのか、をよく考えながら解かないと、とんちんかんな解答になってしまう。おっさんは苦手です。。。

 

次回へ続く。

 

人生は「2周目」からがおもしろい (青春新書インテリジェンス) [ 齋藤孝 ]

価格:1,089円
(2021/10/7 14:32時点)
感想(1件)