FP1級を受験した40代の冴えないオッサンの日記

FP1級を受験した40代の冴えないサラリーマンのおっさんの日記です。

「お風呂での過ごし方」は合気道の稽古?

今週のお題「お風呂での過ごし方」

佐賀牛です。

 

 オッサンのお風呂での過ごし方は「瞑想して頭を空っぽにする」だ。仕事でのストレスは余りないが、日々のストレスを解消する為にオッサンは必ず瞑想するようにしている。私事だが、合気道をしており、かれこれ10年以上になる。合気道の稽古の一つに「呼吸法」というものがある。へそのちょっと下の部分の丹田という部分に意識を集中し複式呼吸をおこなう技である。合気道に限らず、格闘技は全て丹田を意識し身体を使う事が基本となるらしい。オッサンはそこまで極めてないのでよく分からないが(笑)

 

 丹田に意識を集中する効果は瞑想する時にも役に立つ。人間は雑念が1日に幾万も浮かんでは消え、浮かんでは消えという状態を繰り返している(以前に何かの本で読んだ、たしか仏教関連の本だったと思う)。それを瞑想により頭を空っぽにする。オッサンは合気道をかじっているので、瞑想する時に人間の身体の中心である丹田に意識を集中すると不思議を頭が空っぽになるイメージを抱くことができる。

 

 皆さんも、一度、丹田を意識し、軽く眼を瞑って瞑想してみてください。数日でコツが掴め、頭が空っぽになる感覚が掴めると思います。風呂に使って、これをやると尚更、頭が空っぽになるような気がする。

 

 オッサンにとってのお風呂は身体を綺麗に洗い流すと同時に心も洗い流す場であるような気がする。

 

終わり